スバル インプレッサXV

スバルインプレッサXVは、インプレッサのクロスオーバーモデルで、5ドアハッチバックのインプレッサをベースとして、SUV車のように作られた車です。手頃な価格とサイズのスバルインプレッサXVのXはクロスオーバーを、Vはビークルを意味しています。スバルが提案する新しいクロスオーバーActive Sports Gearがコンセプトとなっています。ベース車であるインプレッサ5ドアハッチバックとの違いは、エクステリアがメインとなっています。Cピラーまでまわりこんだ大型ルーフスポイラーの追加で、ハッチバックよりもショートワゴンのようなフォルムとなっています。4430×1770×1520mmのスバルインプレッサXVのボディーサイズは、ベース車と比べて15mm長く、30mmワイドで、45mm背が高くなっています。また、一見、最低地上高が高くなったようにも見えるスタイルですが、タイヤサイズはベース車と同じとなっています。タイヤが小さく見えるようになった感じもありますが、SUVテイストでありながら、カジュアルな雰囲気にまとまっています。インテリアは、ベース車と変わりませんが、シートのステッチをダークブラウンにし、ドアトリムやセンターコンソールにも同じ素材の表皮を採用しています。


結婚