ダイハツ ミラココア

ダイハツミラココアのインパネは、ラパンに酷似していて、エアコンの吹き出し口の形状や、オーディオ、エアコン、シフトレバーの配置などは、ほとんど同じになっています。フロントウインドウの立ち具合やボンネットの見え方などもそっくりです。しかし、細部には、ダイハツミラココアならではのこだわりが工夫されています。サイドウインドウの開放感を高くしたり、センターパネルに傾斜をつけてシフト操作がしやすくなっています。そして、素材感にこだわって、パーツごとに凝った表面加工が施されていて、他の軽自動車にはない質感のインテリアとなっています。またIR・UVカットフロントガラスを採用することで、直射日光での暑さを軽減することに成功しています。エアバッグは標準装備ですが、サイドエアバッグの設定はありません。これまでの軽自動車は、運転席優先の設計でしたが、ダイハツミラココアは、グローブボックスを少し凹ませ、膝周りの空間を広く取ったり、フロアを傾斜させて自然な姿勢で足が踏ん張れるようになっているので、助手席に乗っても快適なのが最大の魅力です。


結婚